2/19/2018

ダルメインでマーマレードの審査

「世界マーマレードアワード&フェスティヴァル」のアワード審査のために開催地であるカンブリア州のダルメインの館に行ってきました。
 (日本では一般的にダルメインと呼んでいるので私もこれからはデイルメインではなくダルメインと書くようにします)

ダルメインの館は最古の部分が12世紀という歴史ある建物で、「マーマレードアワード&フェスティヴァル」はそこに住むジェイン・ヘイゼル・マコッシュ夫人が初めてから今年で13年目を迎えます。昨年NHKのテレビで彼女の1年を紹介した番組が放映されたのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。今年は3000以上の応募があったとかで二日間泊りこんで完ぺきに缶詰め状態で審査に集中しました。




16名の審査員は、800個のアーティザン(職人)の部門を担当しました。ふたりづつペアーを組んで、それぞれのマーマレードを深く審査します。そして味、香り、見た目、皮の入り具合などのカテゴリーごとに点数がつけられ、最後にはコメントと共に「改善するにはどうしたらよいか」の提案も加えられます。













 20点満点のうち合計得点が18点以上になれば、金賞ということで特別なテーブルに移されます。

金賞を獲得したマーマレードたち。



昼食の45分を除いては審査に没頭。おやつに出たスコーンはダルメイン特性です。マーマレードの甘さに体中が浸かっているので、出来立てセイヴリーのスコーンのおいしかったこと!食べている間も審査は続行です!





アマチュアの部門は隣の部屋で何日も前からですでに審査が始まっていました。その数は2200個!!!






イギリス各地から集まった審査員たちは食のジャーナリストや有名シェフ、パティシエ、有名食品店のバイヤー、大手スーパーの食のコンサルタント、ジャム専門家などですが、それぞれ個性的。今年は大丈夫でしたが、意見が合わずに険悪な状況になることもあるとか。二日間寝起き、3食(そしてお茶の時間)を共にすれば、そこには不思議なコミュニティが生まれます。審査が終わった途端に急ぎ足でそれぞれの家路につきましたが、今年はジェインさんのお人柄を反映するかのように審査員は意気投合して真剣な審査の時間の他は冗談を言い合ったりして笑いが絶えることはありませんでした。

ダルメインはそのガーデンでも 知られていてジェインさんが庭を案内してくださいました。





ご主人のお母様が書かれたダルメインの庭に関する本。



丁度スノードロップが咲いていました。






私はここ15年程毎年この時期にマーマレードを作っていますが、マーマレードは実に不思議なエネルギーを私に与えてくれます。寒い冬の夜に湯気立つキッチンでオレンジの皮を刻み、食べてくれる人の顔を想像しながら過ごすひと時は私にとってまるで一年分のエネルギーを補給してくれるかのように大切な時です。

ここ数年日本からの出品も増えました。他の日本の柑橘類や果物を加えたりして審査員の間では日本の柚子マーマレードは好評です。出品した人、会社の名前はわからないようになっていますが、柚子ではなくとも味見した途端に「これは日本のもの!」と言い当てる目利きの審査員もいます。日本人の繊細さが出るのでしょうか?

日本でもマーマレード熱は上がる一方で、来年5月には愛媛県の八幡浜市で「ダルメイン・マーマレードアワード&フェスティヴァル」が開催される予定です。

今朝、産経新聞に原稿を提出。リレーコラムでは今回は、「ダルメイン・マーマレードアワード&フェスティヴァル」について書きました。掲載は3月6日の予定です。

明日からは泊りがけでジャム講座を受ける方のご案内でデンマンカレッジに行ってきます。なんだか2月3月の仕事はマーマレードに始まりマーマレードに終わりそうです。



2/12/2018

ナショナルトラストの建物が閉館のこの時期。

ナショナルトラストが管理する建物のほとんどは冬場は閉館しています。それは、観光客が少なくなるこの時期に掃除、修理、保存対策などをしなければならないからです。ナショナルトラストが存在するの第一の目的は維持、保存ですので冬の間閉館ということもうなづけます。

ところが冬でも楽しめることがあるのです。それはガーデンのみオープンされているところ、そして ‘Behind the Scenes’ と言って閉館の時期の活動(掃除や修理など)を週末など特別な日にのみ一般に公開される時です。

私の家から車で簡単に行けるところにナショナルトラストが管理する物件がいくつかあります。昨日はそのうちの2件、クレイドン・ハウスとストウに行って来ました。ここを選んだ理由はふたつあります。まずクレイドン・ハウスはスノードロップが咲くガーデンのツアーが行われていたこと、そしてBehind the Scenesで保存責任者が案内してくれることです。

ストウのほうは、そのスノードロップに 「ストウドロップ」とニックネームがついているほど知られているからです。そしてこの時期、とてつもなく広い敷地のどこにスノードロップがあるか、ちゃんと地図が用意されています。

まずはクレイドン・ハウスです。ここははクリミア戦争で負傷した兵士の看護や看護婦の養成に貢献したフローレンス・ナイチンゲールの姉が嫁いだ家で、フローレンスも特に晩年はクレイドン・ハウスに頻繁に訪れていたようです。




Behind the Sceneについてはいつかブログに書きたいと思いますが、ブラシを使って5000冊もの本を一冊ずつ丁寧に埃をおとしたり、家具や絵画も目に見えない埃や湿気、虫によるダメージを取り除いたり、それは大変な作業です。表には出ないナショナルトラスト、そしてボランティアのひとたちの活動の大切さをしみじみ感じました。




ここの庭では「沢山」とは言えませんが、ちょうど見ごろのスノードロップがまぶしいくらいに真っ白い花を咲かせていました。









丁度咲き始めたウィンター・アコナイトの黄色もまた鮮やかでした。



ストウは建物は現在は学校になっているので普段でもナショナルトラストとしては公開していませんが、風景庭園で有名な庭は一年中オープンしています。




スノードロップの地図にあるところ全てに行くことは一日なければ無理。しかも入口から一番近い湖に向かっている途中、あられが降ってきました。そして風も・・・・そのあられが顔にあたってとても痛いのです。あられに攻撃されたのは初めて!やっとたどり着いたのですが、「今日はここまで」と、すぐに退散してきました。









一度はやんだあられもその後、もっと沢山振り出しました。「お茶で体を温めてから帰りましょう。」と広いレストランに行ったら長蛇の列。みんな考えることは同じですねー。お茶もあきらめて家路についたのでした。

2/07/2018

動物救急サービス。

世界中で寒波が訪れているようです。テレビのニュースではロシアの大雪の模様が放映されています。私の住む地域でも雪は降りましたが積もるまでにはいきませんでした。

日曜の朝、この寒さの中を突然おにぎりを持って息子の家から車で15分のトレントパークという公園へ行くことを思いつきました。きっと私にとって今年初めてのスノードロップが見られるかも?と期待して。

ありました、ありました。







ベンチに座って凍えそうな手におにぎりを持って震えながらのピクニックでしたが、ちょっとはお花見気分を味わいました。

さて、この日は公園でうれしい発見がありました。それは野生動物を保護しているサンクチュアリーです。病気やけがをしている野生動物を保護するところです。ここにいる動物は鳥類から豚や鹿、うさぎなどさまざまですが、元気になれば野生に戻したり新しいオーナーを見つけたりします。完璧にチャリティで、働く人は全てボランティア、運営費はドネーションがほとんどです。少しの入場料を支払って中に入ってみました。








子供の遊び場もありますし、動物たちは自由に歩き回っています。動物園の動物とは明らかに違います。野生の動物を動物園で飼うこと自体不自然なことですが、ここの動物たちは元気になれば野生に戻ることができることをまるで知っているようにハッピーな顔をしています。ホント。

けがが完治する可能性のない動物は、一生ここで暮らすか他のサンクチュアリーに移されます。

そしてある一角で見つけたのが、野生動物救急サービスセンターです。車に轢かれた動物や病気の野生動物を保護するための救急サービスのオフィスで、救急車が待機しています。




創設者は動物福祉に貢献したことが認められエリザベス女王から勲章をいただいています(M.B.E.)。



イギリスでは助けが必要な野生動物を見つけた場合は、さまざまな動物保護団体がありますのでそこに連絡すれば引き取りにきてくれます。

ずっと前、娘がまだ小学生の時に公園で倒れているきつねを見つけました。当時は携帯もありませんでしたので、彼女のジャケットにきつねをくるんで車で獣医さんに連れていきました。残念ながら回復の見込みはないとのことで、安楽死という結果になりました。野生の動物は菌を持っている可能性があるので、本当は私たちのとった処置は適当ではなかったようです。知っていたら上記の救急サービスに連絡したのですが。その時の獣医の料金は無料でしたが、高い請求書が送られてきたという話も聞いています。

また、家の近くで迷い犬を見つけたことがあります。飼い犬だったことはほとんど間違いないのですが、捨てられたのか、単に迷っただけなのかはわかりません。でも放っておくことはできませんから、家に連れて帰り動物愛護協会に電話しました。丁度週末だったのでオフィスには人手がなく、「警察に連れて行ってください。」と言われました。えっ?警察?あのー見つけたのは泥棒ではなくて犬なんですけどー。

まあ、言われた通り近くの警察に連れて行ったところ問題なく引き取ってくれました。月曜になったら近くの愛護協会が犬を引き取りにきてくれるとのこと。


子供たちが小さかった頃、よく動物園に連れて行きました。でも今は孫を動物園に連れて行く気持ちはありません。前述しましたが、動物園で人間が見物するために動物を育てることは不自然なことと思います。動物園でおりの中で自由を失われた動物を見て単に「可愛いね!」と子供を喜ばせるより、サンクチュアリーなどに連れて行って野生動物も含め動物を愛する気持ちを小さいころから学ばせることは大切なことだと思います。動物を知ることは子供の長い人生には宝なのですから。

http://www.wras-enfieldwildlife.org.uk/index.html

1/30/2018

世界マーマレードアワードの審査員に。

1月も明日で終わりです。時が目まぐるしく過ぎていきます。私のマーマレード作りも終盤に差し掛かりました。あれこれ考えながら作るので一回一回違う出来栄えです。本当にオレンジマーマレードは魔法だなと思います。水加減、煮詰める時間、砂糖の種類、量、温度などで微妙に違ってきます。そしてオレンジによっても違うこと。セヴィルオレンジでも皮が厚めのものや薄めの物や。鮮度も重要で古くなると水気が少なくなります。




毎日完ぺきを目指してせっせと作っているときにうれしいニュースが舞い込んできました。デイルメインの世界マーマレードアワードの審査を依頼されたのです。とても光栄なことです。依頼されたのは「職人部門(Artisan)」ですが、「もちろんお引き受けします」と簡単にお返事したのはいいのですが、後で他のジャッジの肩書を見てびっくり。私以外の14名は全て専門家です。大手新聞社の食のジャーナリスト、ウェイトローズのコンサルタントシェフ、ジャムの専門誌のライター、フォートナム&メイソンのバイヤー・・・

でも一旦引き受けた以上は徹底して審査させていただきます。私には15年のマーマレード作りの経験しかありませんが、デイルメインから「マーマレードに対する愛があれば大丈夫」と言われ、「それならまかせてください。」と返事しました。審査は2月の15,16日です。昨年は40か国から2700件の出品がありました。日本からの柚子や橙、カボスなどを使ったマーマレードも人気でした。

入賞者は3月17,18日の世界マーマレード祭りで発表されます。



1/29/2018

ウィンズロウの木。

去年の6月に巨木を巡るツアーのご案内をさせていただきました。そういう木からは触っているだけで大きなエネルギーをもらい、何百年の間その木が見てきた歴史を感じるものです。(このツアーに関しては2017年6月18日のブログをご覧ください)

ウィンズロウにもちょっとだけそれに似た木があります。Cappadocian maple treeとうこの木はいつもの散歩道で見かけるもの。今は葉っぱがおちて裸になっていますが、それは夏になれば1本の木ではなく小さな林みたいに見えます。



maple treeは日本語で楓のことなので、これも楓と呼んでいいのかどうかはわかりませんが、とにかく大きくて通るたびに敬礼したくなります!

そばにある掲示板には、この種類の木ではイギリス国内では6番目に大きなもので、この種がイギリスに入ってきたのは1838年だそうです。それはヴィクトリア女王が即位した翌年です。このウィンズロウの木はそのころに植えられたもののようで、イギリス全土のチャンピオンとされる木に登録されています。

この辺りの家が建てられる際はこの木にダメージが及ばないように保護されたそうで、挿し木によって繁殖された木は今では地元の学校や、公園で育っているとか。

このように町中の住宅地などで多くの古い木、巨木が見られるのは素晴らしいことですね。

1/23/2018

ウィンズロウの教会

私は昔から田舎の教会が大好きで、ドライブの途中でも時間があれば立ち寄って見学するようにしています。ウェストミンスター寺院、セント・ポール寺院といった国の大切な礼拝、式場となり観光名所でもトップクラスの有名寺院とはまた違った歴史を感じるのも田舎の教会。そしてともすれば有名寺院よりずっと古い教会もあるのですから。

そんなわけで、私は引っ越してきた先のウィンズロウの教会は買ものに出たりすると10分くらい座ってひとりの時間を持ちます。幸いウィンズロウの教会は日中はオープンしていて(最近は教会内にあるものを盗む人もいて日中でも閉まっている教会が多くなったことはなんとも残念です)、入り口には  ' All Are Welcome ' の看板が置かれていてます。それがますます私を教会内に誘ってくれます。

そのウィンズロウの教会が(聖ローレンス教会)12世紀に建てられ、そしてその前のアングロサクソン時代には木の教会があったらしいことを知って、「神様はこれだから私をウィンズロウに引き付けてくれたのかな?」とちょっと本気で思ってしまったくらいです。私はクリスチャンではありませんが、時々私の中にクリスチャンの教えや、意味が入ってくるものですから都合の良いときだけで申し訳ないなーと時々思っています。



この教会は名前が示す通り聖ローレンスに捧げられた教会です。聖ローレンスはクリスチャン以外の世界では聖者としてはあまり知られていないかもしれません。 彼は古代ローマのお役人だった人で町の長官に教会の宝物を差し出すように言われます。そこで彼は身体に障害のある人や寄る辺のない市民を長官のところに「教会の宝もの」として連れていきます。「生意気な!」と怒った長官はローレンスを燃える石炭の上の焼き網にしばりつけ、ローレンスは長い拷問の後殉死します。途中で「よく焼けたようだ。今度は裏側を焼いてはどうか?」と言ったそうで、今ではシェフやコメディアンの守護聖徒となっています。

聖ローレンス教会の最初の牧師の記録は残っていませんが、一番古い記録は1275年のジョンという牧師です。

さて、この教会で最も注目すべきものは壁画です。15世紀のものと言われていますが、ヴィクトリア時代に白い石膏で塗られたためにかなりダメージがひどいのです。ヴィクトリア時代は国中の重要な建物のさまざまな修復が行われたのですが、彼らの美的感覚を押し付けてオリジナルのものが破壊されたり改装されたりしていることも事実です。

絵の内容はイギリスで最も 有名な聖者トマス・ベケット(カンタベリー物語で有名)の殉死のようですが、どうみてもそれらしき判断はつかないほど。





他の部分と比べれば新しいステンドグラスはほとんどが19世紀のものです。












20本のろうそくを支えるシャンデリアは1760年のものです。









膝まづいてお祈りする際に膝の下に敷くニーラー(kneeler)はイギリスの教会には多くみられ美しい刺しゅうが施されています。








塔の中には8個の鐘が納められています。鐘の音は日曜や特別な礼拝があるときは私の家からでも聞こえます。







墓地には墓石の他、埋葬された人の記念にと植えられたバラの花が教会に続く小道に見られます。その小道に敷かれているのは古い墓石。


墓地から見るウィンズロウのハイストリート 。



そのハイストリートから教会入口に行く道は単純にチャーチ・ウォーク。分かりやすいです。




中世のひとたちにとって、教会内の静けさは正に神の言葉だったのでしょう。これまでに一体どのくらいの人たちが安らぎを求めてこの教会にやってきたかを思う時、今も変わらない教会の存在の意義を深く感じます。

1/19/2018

公園は人間だけのものではなく・・・・・

日本からイギリスにいらっしゃる方が驚くことのひとつとして公園で犬たちがリードをつけずに歩いていることです。こちらでは犬を飼っている人たちの中には「犬たちをリードなしで遊ばせることができるから公園に行く。」という人も多いくらい。

さて、ウォーキングはイギリスでは一年中楽しめる人気のレジャーです。人によっては天気には関係なく雨の日も風の日も 歩く人がいます。私も大雪大吹雪の中を歩いたこともありますし、雨の日はそれはそれで家に帰ってから暖かい部屋でお茶を飲みながら心地よい疲れを癒すのはなんとも気持ちの良いものです。

そのウォーキングに一役かっているのが犬です。自分のために歩くのは、ともすれば「めんどうくさい。」とか、「今日一日くらいは休もう」という気持ちになってしまうもの。でも、犬は天気なんか関係ありません。犬のためには雨が降っていても、「行こう!」という気になるものです。

さて、冬の犬との散歩で一番困るのが毛についた泥んこです。それで、公園の近くのパブで犬の泥を落としてくれる機械を発見したときは感動しました。「泥を落としてからおいしいランチをどうぞ。」ということでしょうか?





下の写真はイングリッシュ・ヘリテイジ所有の土地で見つけた掲示板です。赤が犬が入ってはいけない場所、青は犬はOKですがリードを外すことはできない場所、グリーンはリードをはずしてもいい場所ですが、常にオーナーの責任で犬をコントロールできる状態であることが義務付けられています。その意味は、呼んだら来ることや人や他の犬に迷惑をかけないといったようなことです。




Happy Walking!